能條彩さん&東條久美子さん
日本

能條彩さん東條久美子さんを紹介します

世界にひとつしかないジュエリーを - 天然石に魅せられたデザイナー
能條彩さん&東條久美子さん
日本
ジュエリーを通じて、世界を幸せな循環でつないでいくこと。それも、Amantes Amentesが掲げるビジネスポリシーです。

時の流れが生んだ天然石でつくる、一点もののジュエリー。
秘められたストーリーが女性を美しく演出。
デザイナー、能條彩が語る天然石への想い。

旅先のトルコで知り合ったおじさんに、当時留学していたロンドンで偶然再会。「私、天然石でジュエリーをつくりたいんです」と夢を語ったら、実はそのおじさんは工房を経営する実業家で、「それならうちでやればいいじゃない」ということになり、60点ほど作品を制作した――という不思議なご縁が、ジュエリーデザイナーとしての私の出発点です。作品を持って帰国し、ごく近しい友人たちに見てもらったところ、「欲しい!」「他にもっとないの?」と嬉しい感想をもらい、その言葉に背中を押されて、本格的にジュエリーデザイナーとしての活動を始めることにしました。

年に3〜4回はジュエリー制作のためにトルコを訪れます。滞在中、1週間は6つほどある工房を回っては、1日約8時間砂まみれになって、ひたすら石を選んでいますね。ターコイズ、クオーツ、オニキス、ルビー、サファイア……。地球のもつ力と、長い年月によってつくり上げられた天然石には、ひとつとして同じ模様のものはありません。人生を重ねてきた人間と同じで、みんな唯一無二の個性をもっている。そのことを、私はとてもロマンティックだと思うのです。

ビジネスパートナー、東條久美子が語る『Amantes Amentes』の魅力

ロンドンでマネジメントの勉強をしていたときに能條さんと知り合って、2014年8月に一緒に起業し、私は広報やマネジメントを担当しています。ジュエリーはHPでも紹介していますが、Facebookを立ち上げてからはお客様からの反響がダイレクトに伝わってくるようになり、その即効性の高さを実感しています。季節感のある提案もタイミングよく発信できるので、デザイナーの想いとお客様の気持ちとが、ぐっと寄り添うようになりました。

石選びからデザイン、制作まで、すべてひとりのデザイナーが、その手でひとつひとつ行っている。それが『Amantes Amentes』のジュエリーです。好みのものを、時間をかけて楽しそうに吟味しているお客様の様子を見ていると、こちらも嬉しくなってきます。遠方からのお問い合わせも増えてきましたし、少しずつでも、幅広い層の方に見ていただけるようになれたらと思っています。

東京のレトロなアトリエから、物語が広がっていく

アトリエは東京の、昭和8年に建てられたレトロな集合住宅の一室にあります。歴史と、人の営みを感じさせる独特の雰囲気が、天然石ジュエリーに不思議と馴染んで、とても心地のいい空間です。

世界にひとつしかない、かけがえのないものを大切にしていきたい。天然石ジュエリーへの想いは、私たちに、トルコの難民支援という新たな使命を与えてくれました。周辺諸国の戦争被災者も従事するトルコの工房に商品製作を依頼したり、彼らの技術を活かせるデザインを提案したり。売り上げの一部は難民支援団体に寄付をしています。
ジュエリーを通じて、世界を幸せな循環でつないでいくこと。それも、『Amantes Amentes』が掲げるビジネスポリシーです。

前の記事 次の記事

To help personalize content, tailor and measure ads, and provide a safer experience, we use cookies. By clicking or navigating the site, you agree to allow our collection of information on and off Facebook through cookies. Learn more, including about available controls: Cookies Policy